忍者ブログ
* admin *
[233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぐっさんに誘われて、映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を鑑賞。

まぁ悪くない、良作ではあったと思います。
(以下ネタばれに当たるかも)

+ + + + + + + + + +
要するにこれは、欺瞞に溢れた現代(21世紀)に絶望したメガネオヤジのケンが、同じく現代社会に嫌気のさした(と思しき)チャコと一緒に昭和の思い出の街を再現して、日本全国の「大人」たちの精神を懐かしき子供時代に退行させ、終いにはその在りし日に日本まるごと戻ってしまおうと画策するも・・・
「未来を生きたい」と叫ぶ子供の代表であるしんのすけに敗北して(「野望を打ち砕かれる」などと言うより、この表現のほうが適切だと思う)、やっぱり諦めて未来を受け入れることにした、というような話だったと理解しました。
(しかし、この敵役二人の「声」が素晴らしくよかった・・・)

印象的だったのは、このふたり(特にケン(オヤジ)のほう)がその野望に対して終始淡々としていたこと。
「過去の匂い」で精神退行していた野原夫婦が「今の匂い(あまり詳しくは語りたくない・・・)」によって正気に戻ってしまったときもほとんど動揺したそぶりを見せず、野原一家を家に招待してお茶を振舞い、挙句に自身の計画を止めるヒントまで与えて逃がしたり・・・
再現された「昭和の街」の人々がしんのすけの姿に心動かされて正気に戻り、計画が破綻してしまった時さえも、多少の動揺はするもののあっさりそれを受け止めて、自ら命を絶とうとし、
それすらも阻止されて、やっぱり現実社会を生きていくことにしてしまうと言う。
はっきり言って、「やる気あるのか」と問いたい態度でありました。

まぁ、ぶっちゃけそんなにやる気は無かったと思います。


おそらく、「たまたま」過去の時代を再現してそこに留まるための方法を手に入れ、せっかくだからそれを実行に移してみるも、やってる途中でどうも違うような気がしてきてしまい、でも一度始めてしまった以上は自分から止める決心も付かず、自分を止めてくれそうな可能性を持ったしんのすけを泳がせて計画を阻止させたといった感じ。
多分一種の賭けみたいなものだったのでしょう。
とりあえず計画は続行するものの、もししんのすけが自分を止められたら潔くそれに従う、みたいな。

ようするに、その程度の軽い懐旧に日本レベルで振り回されたと。
えらい迷惑ですね。

まぁ、大人連中は束の間の懐かしき幻想に浸れていい思いが出来たから良いでしょうけど。
その大人に捨てられた挙句に拘束されて矯正教育受けさせられかけた子供達は・・・多分、一生もののトラウマになるかと。

しかし、私は「穢れきった現実世界を捨てて、もっと違う心地よい世界に旅立つ」見たいな思想が大好きな社会不適合者の真性ダメ人間なので、二人のやろうとしていたこともさほど悪いこととも思えないし、必死になってそれを否定するような態度もイマイチよく分からないのですが。(ていうか、チンタラしてないでさっさと日本全部洗脳してしまえば、皆をその思想に染めてしまえばなんら問題はなかった気さえする)
問題があったとすれば、やはり「過去に浸って進歩を放棄した」と言う点でしょうか。
理想の世界と言うものは進歩の果てに行き着くものだとは思いますし・・・
(「楽しい時間は終わってしまう、それは次の楽しい事を見つけるために」なんて言葉もありますしね。)
思い出というのはかけがいの無い大切なものではあるけれど、それは「自分が今まで歩んできた証」として大切なのであって、それに捕らわれてはいけない、と言うことでしょうか?

この映画で一番感動したのは、計画を止めるために「思い出の町」を抜け出す場面で、ヒロシが
「懐かしくて気が狂いそうだ」
と涙を流しながら、住人に町の出口を問い詰めるところ。
一般的にはその前の、ヒロシが正気に戻るときの、彼の少年時代からの半生の回想シーンが人気が高いそうですが、個人的にはこっちのほうが。
懐かしき思い出の抗いがたい魅力に負けそうになりながらも、それでも前に進もうと奮闘する姿勢・・・
そして、ケンに
「野原ヒロシ、つまらない人生だったな」
と言われて、
「つまらなくなんか無い。家族のいる幸せ、お前にも分けてやりたいくらいだぜ」
と応える・・・
あぁ、ヒロシ格好いい。

・・・やっぱ前に進まなきゃね。今よりももっと前に。

たとえ過去(きのう)を懐かしみ 振り向いても
それは歩いてた足跡があるだけさ
いつか若さを失くしても 心だけは
決して変わらない絆で結ばれてる

愛すること それがどんなことだか
分かりかけてきた
愛のすべて 時の歩み
いつもそばで分かち合える

心の瞳で 君を見つめれば

(合唱曲「心の瞳」より)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
無題
しかし分からないのは、ケンとチャコの自殺を止めるシーンの、しんのすけの
「ずるいぞ」
と言う言葉。
いったい何がずるいのやら。二人だけ現実から逃げて死ぬこと?

ていうか、むしろ彼らは過去の幻想の崩壊とともに消えてしまったほうが美しいと思ってしまうのですが。

果たしてあの後、二人は「現実」に適応することが出来たのか・・・そうでないならむしろ・・・
タカchi 2005/06/14(Tue) 編集
ふむふむ
ヒロシかっこよかったですね。
私も最後のセリフには感動した。
ぐってぃ URL 2005/06/14(Tue) 編集
無題
普段ぱっとしないキャラがいきなりカッコよくなる。
これぞ劇場版の醍醐味ですな。
タカchi URL 2005/06/21(Tue) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Musical Baton
オイオイまた音楽ネタ書かなきゃいけねえのかよ俺は文学少年だから正直音楽は嫌いなんだよ風呂に防水のCDプレイヤーがあるぐらい嫌いなんだよトイレに小さいMDプレイヤーがあるぐらいきかねんだよそれに俺のところには絶対に来ないと思ってたのになー面倒くせーからというか
URL 2005/06/22(Wed)15:32:06
BACK HOME NEXT
プロフィール
HN:
たかち
性別:
非公開
自己紹介:
私の私による私のためのチラシの裏
即ち落書き 備忘録 晒し場

そしてシアワセな私の自由帳
ブログ内検索
凡欲
忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: 埋立地(かみさまのふねのちらしのうら跡) All Rights Reserved